腰痛ラボ

腰痛の悩みが和らぐ、腰痛改善を一緒に考えるラボ

「狭い歩幅」と「つま先使い」で腰痛改善!

「腰痛」の大きな原因は、姿勢や歩き方など、普段の体の動かし方の「クセ」にあります。
ここを直さないと、たまに整体やマッサージなどに行ったところで改善しません。

実は、毎日の歩き方を意識するだけでもかなりの腰痛対策になります。

腰に負担のかからない歩き方とは、「歩幅は狭く」「足の裏全体で着地する」「そしてつま先に抜ける」という動きなのです。
歩幅が広い人は、かかとで着地して、つま先をしっかり使わずに踏み出してしまうので、腰にダイレクトに衝撃が伝わりやすく、腰痛になりやすいといいます。

つま先を使うことは、動作の質も向上するので、スポーツ選手はこの歩き方・走り方が出来ている人が多いのだとか。

Return Top